不動産情報ポータル:ドリームゲート 

sankaku.gif 不動産情報ポータル:ドリームゲート・TOP   sankaku.gif うかい不動産   sankaku.gif ヘルプ   sankaku.gif お客様の声 

不動産購入トピックス

そっと教える!
知っ得テク・知識

タブー連発!?
業界の舞台裏
タブー連発!?不動産業界の舞台裏
相続手続きの相談はお早めに…

先日、当社に売却のご依頼に見えた方がいらっしゃいました。
不動産の内容は中古住宅で、お母様のご所有だったのですが、昨年他界されたとのこと。そこで姉妹が二人で相続することになったものの、いざ相続手続きとなった途端、姉妹の間におかしな溝が出来てしまった、とおっしゃるのです。

遺産や遺品の分配をどうするのか、ということをきっかけに仲の良かった兄弟姉妹が険悪になる、というのは、残念ながら良くあることです。遺産相続と不動産売買とは密接な関係にあるので、仲介の仕事をしていると、こうした事例に出会うことも少なくありません。

お二人それぞれにお話をうかがいながら、とりあえず広告を出すことになり、おかげさまで多くのお問い合わせをいただき、ご購入の意思表示をくださる方も現れました。
しかし、その時点でまだ相続の手続きが終了していなかったため、実際のご契約まで、買い主様を随分お待たせする結果となってしまったのでした。

相続問題の発生条件は、物件所有者の死亡であることが多いため、「相続の手続きについて早めに話し合っておいてくださいね」ということを申し上げにくいのが事実です。
とはいえ、いざ資産売却という時に暗誦に乗り上げてしまうのでは、せっかく資産を残してくださったご先祖様に面目が立ちません。

お客様の中にも、将来なんらかの相続が発生する方がいらっしゃると思います。
資産等を多くお持ちの親族が身内にいらっしゃる場合も、事前に機会をみて協議されておかれるのが良いと思います。

こういった相続登記に詳しい司法書士の先生もみえますので、相談をご希望される方は、お申し出ください。
当社が責任を持って、その道の専門家をご紹介さしあげます。
不動産業者の武器 | Page 4 of 42 | 物件調査のキモとは?
イメージ

PageTop

Copyright(C)2006 UKAI Real estate All rights reserved.